HTML入門トップページ


Google Fonts の使い方

Google Fonts (https://fonts.google.com/) を使ってみよう.Googleが提供しているフォントをクラウド経由で使うことで,どのようなOSや端末であっても同じデザインのフォントが利用できるようになります.使い方は html の head で Google のスタイルシートを読み込み,僅かなスタイルを指定するだけです.

なお,2021年8月後半,Google Fonts にいくつかの日本語フォントが追加されました(参考:Coliss「日本語フォントがGoogle Fontsに大量追加!すべてのフォントが商用利用も無料のフリーフォントです」).この時点で利用可能な日本語フォントが31種類になりました.

さらに,2022年4月には Windows 10 に標準搭載されているモリサワのBIZ UD明朝とBIZ UDゴシックについて等幅フォントとプロポーショナルフォントをあわせて4種類がGoogle Fontsに追加されました.この時点で利用可能な日本語フォントが57種類になりました.これに先立ち,これらは GitHub のサイトでBIZ UD明朝BIZ UDゴシックとしてオープンソースとして公開されたので Mac にフォントをインストールすることもできるようになりました.

目次

  1. ページの雛形を作る
  2. フォントを選ぶ
  3. スタイルシートを読み込み,スタイルを設定する
  4. 複数のフォントを利用する