HTML 入門トップページ


目次

  1. ホームページ作成はじめの一歩
  2. HTMLの基礎
  3. 基礎的なタグをマスターしよう
  4. HTML 文書を検証してみよう
    1. HTML 文書を準備する
    2. Nu HTML Checker で HTML 文書を検証する
    3. Visual Studio Code で HTML 文書を検証する
  5. スタイルシート
  6. フォームを使ってみよう
  7. 参考サイト

HTML 文書を検証してみよう

Visual Studio Code で HTML 文書を検証する

Visual Studio Code を使っている場合は,拡張機能を利用することで Visual Studio Code 内で HTML の Validation を実行できる.まず,画面左にある拡張機能のアイコンをクリックし,「W3C Web Validator」を検索し,これをインストールする.なお,このとき「W3C Web Validator」とよく似た「W3C Validation」も検索される.「W3C Validation」もインストールできるが,これを利用するためには 「JRE (Java Runtime Environment)」を別途インストールしなければならない.「W3C Web Validator」はこれをインストールするだけで利用できるので,ここでは「W3C Web Validator」を使うことにする.

03-11

拡張機能「W3C Web Validator」がインストールできると,HTMLファイルの編集画面下側のステータスバーに「W3C validation」というアイコンが表示されるので,これをクリックするだけで HTML ファイルの文法チェックを行える.または,コマンドパレットから実行することも可能である.

03-12

検証の結果,5個のエラーが発見されたので,ステータスバー左下のアイコンをクリックするか,「表示」→「問題」メニューを実行する.

03-13

エラーの詳細情報が表示された.詳細情報をクリックすると HTML ファイルの該当箇所にジャンプするので,問題点を一つずつ修正すれば良い.

03-14

すべての問題点を解決できた状態でステータスバーの「W3C validation」をクリックすると,「This HTML file is valid !」と表示される.

03-15